ビーグレン口コミは嘘?シミ効果ない?【41歳主婦のリアル体験談】

肌に対して悩みを抱えている方であれば誰しも

「綺麗な肌になりたい」

「ここの箇所だけでも良くなってくれたら…」

と思うはずです。

ですが詳しく知らない商品を安易に購入したり、高価な商品なのに悪い口コミばかりでは購入したいとは思えないものです。

>>公式サイトはこちら

ビーグレンみんなの口コミは?

購入する前に、ぜひビーグレン使用者の方たちの口コミを知りたいですよね。

良い口コミだけでなく、悪い口コミも合わせてご紹介するので参考にしてください。

ちなみに、こちらはビーグレンのCセラムの口コミです。

ビーグレンの悪い口コミ・評価は?

女性

最悪!全く効果がなかったです。高い商品だったのでがっかりです。

女性

浸透するのに結構時間がかかります。

ビーグレンの良い口コミ・評価は?

女性

化粧品ジプシーでしたが、とうとうビーグレンに出会えました。今はシリーズで愛用中です。こんなに効果が出るものはほかにあるでしょうか?透明感が出て、吹き出物は全くでなくなりました。

ビーグレン口コミ・評価からわかること!

ビーグレンは、人により効果が感じられないという人もいますが効く人にはものすごく効果を感じられるみたいですね。

シリーズの単体で使ってもあまり効果が出ないかもしれないので、やはり洗顔料からトータルでビーグレンを使ったほうが効果を実感しやすいでしょう。

化粧水などが浸透するためには、まず顔の毛穴の汚れをきれいに除去することが大切ですから、クレイの洗顔料で毛穴の汚れまで一掃してからがいいでしょうね。

ビーグレンとは? 成分や特徴も!

ビーグレンは、様々な肌悩みにそれぞれ特化した化粧品のラインナップがそろっています。 それぞれの特徴をご紹介しますね。    

ニキビ対策のビーグレン

  • 洗顔料
  • 化粧水
  • 美容液
  • モイスチャーゲルクリーム

のセットです。   

ビーグレンの洗顔料 クレイウォッシュ

洗顔料は、クレイウォッシュといってモンモリロナイトという天寧のクレイ(粘土)によって肌にやさしく汚れを吸着します。

マイナスに帯電しているモンモリロナイトが、磁石のようにプラスに帯電する皮脂汚れ、ニキビ菌などを吸着して除去します。

合成界面活性剤のように強力に脱脂することなく、また擦る必要もないので肌のバリアゾーンを壊す必要もなく、肌に穏やかに汚れをしっかり吸着して除去することができます。

泡の洗顔では、どんなに細かい泡を作っても所詮空気のボールでしかなく毛穴の中まで入ることはできません。

モンモリロナイトは超微粒子だからこそ毛穴の奥の汚れにもアプローチすることができ、毛穴汚れや古い角質を吸着して肌から除去することができるのです。

ビーグレンの化粧水 クレイローション

化粧水は、クレイローションという製品です。

従来のニキビケア製品の中には、殺菌を目的として刺激の強い化粧水もありますが、敏感肌の人は肌に合わないという悩みがありますね。

クレイローションでは、天然クレイによって肌にうるおいのヴェールが作られ外的なストレスから肌を守ることができます。

乾燥や毛穴のつまりを防いでニキビを予防する効果が期待できます。

ビーグレンの美容液 Cセラム

美容液は、Cセラムという美容液で7.5%という高濃度のビタミンCを配合してあります。

ビタミンCによって皮脂バランスが整えられ、炎症を沈める効果も相まってニキビを鎮め、また予防する効果が期待できます。

ビーグレンのモイスチャーゲルクリーム QuSomeモイスチャーゲルクリーム

クリームはQuSomeモイスチャーゲルクリームというもので最後にしっかりと保湿ケアをすることにより乾燥肌による余計な皮脂分泌を防ぎ、ニキビの発生を防ぐことができます。

また、角質が潤うことによってニキビの一因である角質肥大を防ぐことができます。

ニキビ跡対策のビーグレン

ニキビ跡対策のビーグレンは、ニキビ跡を肌の表面のケアではなく肌の土台から立て直すという発想で、肌の土台を整える5つの成分を配合したセットです。

QuSomeというビーグレン独自の浸透技術によって肌の奥に浸透し、効果が持続し肌の土台からニキビ跡を解決に導きます。

穏やかなピーリング作用があるピュアビタミンC、傷ついた肌を修復する作用がある「ラミリン」。

強い抗酸化力で色素沈着や糖化を予防するポリアミン、肌の再生を促す「EDP-3」。

コラーゲンを増やして肌の土台を立て直しふっくらさせるアップレビティという5つの成分が肌に浸透してニキビ跡にアプローチします。

それにより、赤みを取り除きへこんだ皮膚を押し返し、色素沈着を残さないようにケアします。

こちらのセットは、

  • 洗顔料はクレイウォッシュ
  • 化粧水はQuSomeローション
  • 美容液はCセラム
  • クリームはQuSomeモイスチャーリッチクリーム

の4点セットになります。   

開き毛穴・黒ずみ対策のビーグレン

ファンデーションでは隠すことが難しい毛穴が気になりませんか?

そんな毛穴の悩みにお応えするのがこちらのセットです。

肌の内側からうるおいを保たせ、ハリと弾力をアップさせることにより毛穴の目立たないなめらか肌へと導きます。

なんといっても、ビーグレン独自のQuSome技術により浸透性が高くさらに効果が持続し効果を長続きさせることにより肌の悩みに確実にアプローチすることができます。

洗顔料はクレイウォッシュ、化粧水はQuSomeローション、美容液はCセラム、ゲルはQuSomeモイスチャーゲルクリームという4点セットになります。

どんな肌質の人にも使えるオールスキンタイプです。

しみ・くすみ対策のビーグレン

美白化粧品を使ってきたけれど、シミが薄くならないという悩みはありませんか?

多くの美白化粧品は、シミを予防はしますがすでにあるシミを薄くするための製品ではないという事実があります。

シミを薄くするには、ハイドロキノンという、シミのメラニンを薄くする成分が効果的だといわれています。

しかしハイドロきノンと聞くと刺激が強かったり、酸化しやすく製品が安定しない、肌に浸透しずらいという過大がありますよね。

たしかに従来はそうでしたが、ビーグレンの独自技術QuSomeによってそれらの課題が解決されました。

皮脂に近い成分でコーティングされたハイドロきノンが角質の奥まで浸透して作用します。

性質が変化しやすい成分でも、安定させて肌の奥に届けられます。

また、長時間肌の奥で作用し効果を最大限発揮させることができるのです。

こちらは、洗顔料はクレイウォッシュ、化粧水はQuSomeローション、美容液はCセラム、夜用クリームはQuSomeホワイトクリーム1.9、クリームはQuSomeモイスチャーリッチクリームの5点セットになります。

たるみ・ほうれい腺のビーグレン

ほうれい線は「シワ」だと思っていませんか?実は頬のたるみによってシワのように見えてしまうのです。

そのため、ほうれい線にはシワのケアではなくてたるみケアをする必要があったのです。

加齢によって、コラーゲンやエラスチンが減少し肌を引き上げる力が弱まります。また、皮膚のたるみ、顔のむくみによってもほうれい線が目立ってきてしまいます。

ビーグレンでは、5つのたるみケア、リフトアップ成分にプラスして形状キープ成分を配合。さらにそれをビーグレン独自のQuSome技術によってほうれい線の3つの原因にアプローチすることができるのです。

洗顔料はクレイウォッシュ、化粧水はQuSomeローション、マッサージ美容液はQuSomeリフト、美容液はCセラム、クリームはQuSomeモイスチャーリッチクリームの5点セットになります。

しわ対策エイジングケアのビーグレン

深いしわ、もう手遅れだと思っていませんか?深く刻まれたシワは、肌のコラーゲン不足による弾力の減少が原因です。

コラーゲンを増やして弾力アップすることができれば、今からでも深いしわは解消できるのです。

ビーグレンでは、レチノールという高い効果が認められた歴史ある成分をQuSome技術によって肌の奥まで浸透させ長時間作用させます。

レチノールは刺激が強い、性質が変化しやすいという課題がありましたが、QuSome技術によってその課題を解決しています。

さらに、レチノールをサポートするコラーゲン強化成分も配合されています。

こちらのセットは洗顔料はクレイウォッシュ、化粧水はQuSomeローション、美容液はCセラム、もう一つの美容液はQuSomeレチノA、クリームはQuSomeモイスチャーリッチクリームの5点セットになります。

目元たるみ対策のビーグレン

目元は、見た目年齢が劇的に変わるパーツですよね。

目元のケアは、シワ対策だけでは不十分なのをご存知ですか?

  • 目の下のたるみ
  • くま・くすみ
  • 肌の老化
  • 乾燥小じわ
  • 深いしわ
  • 肌荒れ

これらをケアしてこそ若々しい見た目年齢が保たれます。

しかし、これまでの目元ケアにはいくつか課題がありました。

それは、目元の薄い皮膚には美容成分が溜まりにくいということと、効果が高いけれど刺激の高い成分は敏感な目元には使うことができないという点です。

これをビーグレン独自のQuSome技術によって15種類もの美容成分を超微小カプセルに包み、目元への負担を軽減しつつも長時間美容成分をとどまらせることに成功したのです。

目元の老いが気になる人はぜひお試しください。

こちらのセットは洗顔料はクレイウォッシュ、化粧水はQuSomeローション、美容液はCセラム、もう一つの美容液はトータルリペアアイセラム、クリームはQuSomeモイスチャーリッチクリームの5点セットになります。

保湿・乾燥対策のビーグレン

肌がうるおうかどうかは、セラミド量で決まるということをご存知ですか?

たっぷり保湿ケアはしているのに、すぐに肌が乾いてしまうというお悩みがあるなら、それはセラミド不足かもしれません。

セラミドが多い肌は、肌の中に隙間なくうるおいが続くのに対して、セラミドが少ない肌では肌の中に隙間が多くてすぐにうるおいが蒸発してしまいます。

そこでビーグレンでは、セラミドを増やす保湿型のビタミンC誘導体を独自のQuSome技術によって肌の奥に浸透&長時間効果を持続させてセラミドを増やします。

さらにセラミドの足場を強くするアッケシソウエキス、蓄えられる水分量を増やし保湿力を格段に高めるアクアタイドという成分も配合しています。

こちらのセットは洗顔料はクレイウォッシュ、化粧水はQuSomeローション、美容液はCセラム、クリームはQuSomeモイスチャーリッチクリームの4点セットになります。

ビーグレンに含まれる成分

ビーグレンとひとくくりに言っても、ビーグレンには様々な種類の商品があります。ここでは、ビーグレンに含まれている代表的な有効成分に触れていきます。

プロパンジオール

プロパンジオールという成分は保湿基剤で、ビーグレンの商品全般のベース成分ともいえる成分になります。

「ミリスチン酸PEG-12グリセリル」および「ジステリアン酸PEG-23グリセリル」

非イオン系の界面活性剤になります。“非イオン系“という単語だけ見ると「肌にあまり良くない成分?」と思ってしまいますが、名前が“非イオン系“というだけであり、安全性の高い肌に良い成分です。

「ヘキサカルボキシメチルジペプチド-12」

“ヘキサカルボキシメチルジペプチド-12“という長い名前の成分なのですが、商品などに記載される際は“アクアタイド“と記載されていることがほとんどです。

「アクアタイド」

アクアタイドという成分は製品の酸化防止効果があるだけではなく細胞の組織酸化による老廃物の蓄積を防止する作用が期待されている成分になります。

“3-ラウリルグリセリルアスコルピン酸“と“3-0-エチルアスコルピン酸“という成分も含まれており、どちらもビタミンC導入体となっており、肌への浸透性が非常によく敏感肌の方でもほとんど刺激を感じることなく肌に塗布できるほど低刺激な成分です。

主に含まれている成分はこれらの5つになります。

ビーグレンの効果は?

ビーグレンの効果は個人差がありますが、洗顔料の場合は1度の使用で肌が1トーン程明るくなり、化粧水の場合は乾燥肌の方の方が効果を早く実感でき、1度の使用で乾燥が気にならなくなります。美容液の場合は使い続けることで効果が発揮され、毛穴汚れの改善や毛穴の引き締まりが期待できます。

これらの商品だけではなく、どの商品も使い続けることでより効果が発揮され、ケア方法や使用量などを守ることで憧れていた肌に近づくことができます。

>>公式サイトはこちら

ビーグレンのメリット&デメリット

商品を購入するのであればメリットとデメリットを知っておきたいものです。デメリットは話さず、メリットばかり話している商品は正直信用できないですよね。

ビーグレンのメリット

やはり肌に良い成分を使用しているということもあり、使い続けることで

  • 肌トラブルの改善
  • 今まで抱えていた肌の悩みが改善
  • メイク前に使用してもべたつかない

というのがビーグレンのメリットです。

実際にビーグレンを使用している方のメリットの意見をいくつか紹介すると、クレイウォッシュを使用した方は「使い始めて3日で肌のザラつきがなくなりました」と話し、Cセラムを使用した方は「毛穴の開きが解消されました」と話しています。また、ビーグレンはどの商品も低刺激のモノが多いため敏感肌や乾燥肌の方にはより使いやすい・肌に合っている商品というところが肌に負担がなく使い続けることを考えるとメリットでもあるようです。

ビーグレンのデメリット

ビーグレンの商品の中には泡立てずに使用する洗顔料があるため、今までモコモコの泡で洗顔をしていた方からすると物足りなさを感じる洗顔のようです。また、低刺激で肌に良いビーグレンの商品ですが、使用後にきちんと落とさないと吹き出物が出るという方が多く居るようで、きちんと落とすことができていない方がビーグレンの商品にデメリットを感じているようです。

>>公式サイトはこちら

ビーグレンの使い方をご紹介

「QuSomeナノオフクレンジング」

使用量目安直径2.5㎝程を手のひらに取り、顔の内側から外側に円を描くように顔全体に伸ばしていきます。よく馴染ませたらぬるま湯でクレンジング剤が残らないようにしっかりと落とし、落とし終わったら洗顔料で洗顔します。

「Cセラム」

使用量目安直径2㎝程を手のひらに取り、両手にCセラムを軽く広げて顔全体を手で優しく包むようにして馴染ませます。そしたら口元・鼻回りなどの細かい部分は中指や薬指を使って押さえるように馴染ませます。最後に顔全体を手で包み、肌に馴染ませます。

「クレイウォッシュ」

使用する前にぬるま湯で顔を濡らしておきます。そしたら使用量目安さくらんぼ大を濡れた手に取り泡立てずに両手に軽く馴染ませます。馴染ませたら顔全体を優しくマッサージするようにゴシゴシはせず顔の汚れに馴染ませていきます。

その後はぬるま湯でしっかりとクレイウォッシュを落とします。

「QuSomeホワイトクリーム1.9」

使用量目安のパール1~2粒程度を手のひらに取り、額・顎・両頬・鼻の5か所に置きます。

置いたら顔の内側から外側に向かってゆっくりと伸ばしていきます。目の周りは円を描くように伸ばします。最後に顔全体を手で包み、優しく押さえながら顔に馴染ませていきます。

「QuSomeローション」

使用量目安直径3㎝程度を手に取り、両手に軽く馴染ませたら、その手で顔全体を包み優しく両手で顔を押さえます。

目元や口元、鼻回りは中指や薬指などを使って押さえるように馴染ませていきます。最後に顔全体を手で包み、優しく両手で顔を押さえて馴染ませます。

>>公式サイトはこちら

ビーグレンをお得に購入する方法は?

ビーグレンはドラッグストアや薬局などで市販している?

ビーグレンはドラックストアや薬局などでは販売されておらず、購入することができません。

そのため購入する時は“ネット販売“での購入になります。ビーグレンの公式サイトから購入するか、Amazonや楽天市場での購入となります。

ビーグレンをamazonや楽天より安く買う方法

安く買う方法はやはり“ビーグレン公式サイトからの購入“になります。ビーグレン公式サイトでは常にクーポン配布や割引サービスを行っているため、下手に違うサイトで購入するよりビーグレン公式サイトで購入した方が圧倒的に安いのです。

お得に買うなら定期お届けサービス

ビーグレン公式サイトで“定期お届けサービス“を利用して購入すれば送料無料になり、継続特典プレゼントを貰うことができます。定期お届けサービスを利用すると

  • 1個注文で5%割引
  • 2個注文で10%割引
  • 3個注文で20%割引
  • 4個注文で25%割引

が適用されます。まとめて購入すればするほど安くなるということです。また、ビーグレン公式サイトからの単品購入であっても様々なクーポンや割引サービスを頻繁に行っているため、単品購入でも安く購入することができます。

365日の返金保証あり!

まずは1週間試してみたいという人はトライアルセットをお試しください。

また、365日の返金保証も付いていますので肌に合わない、効果が出ないなど納得いかない場合は返金してもらうこともできます。           

通常価格4,412円(税抜)のところを1,800円(税抜)で購入できます。

ビーグレンの副作用や危険性がある添加物は?

ビーグレンを使用したことがある方はどの商品でも副作用が出たという方はほとんど居ません。“ほとんど“と言うのは、やはり化粧品系の商品なので肌に合う・合わないがあるからです。肌に合わなかった人はビーグレンを使用して肌荒れや湿疹の副作用が出たという方が極稀に居ます。

乳化剤

また、ビーグレンには“乳化剤“という添加物が使用されています。ですが、乳化剤という添加物はビーグレンに限らずどの化粧品にも含まれている添加物になるため危険性がある添加物ではありません。ほとんどの化粧品が油溶性という成分と水溶性という成分を混ぜて作り、油溶性と水溶性を混ぜ合わせる時に乳化剤が必要不可欠になります。そのため無意味に使用している添加物ではなく、必要不可欠の添加物のため危険性はありません。

まとめ

ビーグレンのメリットやデメリット、副作用や成分等の話をしましたがその人の肌によって化粧品系には合う・合わないがあります。デメリットで「吹き出物ができた」という口コミをご紹介しましたが、きちんと洗い流せば吹き出物はできません。

ビーグレンを購入して実際に使用している方の使用方法次第で肌の状態や効果が変わってくるということです。口コミなどに左右されるのではなく、肌に対して本気で悩みを抱えているのであれば自分の肌の状態やビーグレンに含まれている成分等で判断をして購入の有無を決めると失敗しないでしょう。

>>公式サイトはこちら